本校は昭和50年に国立津病院の附属看護学校として開校した歴史ある看護学校です。 平成10年には国立療養所三重病院附属看護学校と統合して大型校となり、 今年で15周年を迎えました。卒業生は県内を中心に全国各地で活躍しています。

>>学校長学校長挨拶の続きを読む

看護の道の第一歩を踏み出しませんか

三重中央看護学校の教育理念やカリキュラム、校内や宿舎など学校の方針や設備をご紹介いたします。

3年間の行事や学校生活、クラブ活動などのご紹介、在校生から入学を考えている皆様へのメッセージをご紹介します。


出願書類、出願の手続きや入試の情報をご案内いたします。

入学前に学校の様子がわかる、オープンキャンパスを実施しております。


おしらせ

2016年

8月

05日

7月30日、8月2日 オープンキャンパス

▲看護体験で沐浴を行いました
▲看護体験で沐浴を行いました
▲ミニ講義「車椅子移乗」
▲ミニ講義「車椅子移乗」

第1回・第2回のオープンキャンパスを実施しました。厳しい暑さの中、たくさんの方に来ていただきました。

「車椅子移乗」のミニ講義を行い、その後の看護体験で、当校の在校生が患者役となり、ベッドから車椅子への移動の介助をしていただきました。血圧測定では、聴診器を使って参加者の方にも血管の拍動の音を聞いていただきました。赤ちゃんの沐浴を在校生のアドバイスを受けながら、参加者の方がモデル人形を抱っこして体を洗いました。在校生との交流会では、お茶を飲みながら、直接、在校生に質問をしたり意見交換を行い、在校生も参加者と共に楽しい時間を過ごせたようです。

第3回を8月29日に行います。看護に興味がある方は、ぜひ、ご参加ください。

オープンキャンパス 担当者

続きを読む 0 コメント

過去のおしらせ

7月30日、8月2日 オープンキャンパス
>> 続きを読む

7月21日 サマーコンサート
>> 続きを読む

7月14日 看護交流フェア
>> 続きを読む