看護の道の第一歩を踏み出しませんか

本校は昭和50年に国立津病院の附属看護学校として開校した歴史ある看護学校です。 平成10年には国立療養所三重病院附属看護学校と統合して大型校となり、 今年で15周年を迎えました。卒業生は県内を中心に全国各地で活躍しています。

>>学校長学校長挨拶の続きを読む

三重中央看護学校の教育理念やカリキュラム、校内や宿舎など学校の方針や設備をご紹介いたします。

3年間の行事や学校生活、クラブ活動などのご紹介、在校生から入学を考えている皆様へのメッセージをご紹介します。


出願書類、出願の手続きや入試の情報をご案内いたします。

入学前に学校の様子がわかる、オープンキャンパスを実施しております。


おしらせ

2016年

5月

10日

4月21日 防災訓練を行いました

4月21日、全学年で防災訓練を行い、初期消火を行うことの大切さを理解しました。

火事を発見してからの行動が早いか遅いかによって助かる可能性がかわることや、周囲に大声で伝えることで被害を最小限にすることを学びました。

私たちは学生であり、現在は避難を誘導してもらう側です。しかし、看護師になれば誘導する側になります。患者さんを守らなければならないと思うと怖くなります。普段から防災への意識を高め、いざというときに行動にうつせるようにしたいです。

20期生 防火防犯委員

続きを読む

過去のおしらせ

4月21日 防災訓練を行いました
>> 続きを読む

4月8日入学式 83名の新入生を迎えました
>> 続きを読む

合同就職説明会
>> 続きを読む