三重中央看護学校へようこそ。

本校は昭和50年に国立津病院の附属看護学校として開校した歴史ある看護学校です。 平成10年には国立療養所三重病院附属看護学校と統合して大型校となり、 今年で15周年を迎えました。卒業生は県内を中心に全国各地で活躍しています。

>>学校長学校長挨拶の続きを読む

看護の道の第一歩を踏み出しませんか

三重中央看護学校の教育理念やカリキュラム、校内や宿舎など学校の方針や設備をご紹介いたします。

3年間の行事や学校生活、クラブ活動などのご紹介、在校生から入学を考えている皆様へのメッセージをご紹介します。


出願書類、出願の手続きや入試の情報をご案内いたします。

入学前に学校の様子がわかる、オープンキャンパスを実施しております。


おしらせ

2017年

2月

14日

2月6日 CVPPP

精神臨床看護で「包括的暴力防止プログラム(CVPPP)」について講義と演習で学びました。講義では、一般の人に比べ、医療の場で働く人の方が暴力を受けやすいという現状を知りました。暴力を受け、負傷すると患者さんに援助ができません。暴力から自分の身を守ることで、患者さんへの看護を継続することができます。講義の後、体育館で身を守る方法について演習をしました。何回かやってみるとコツのようなものがわかってきました。しかし、実際に起こったときに、咄嗟に対応できるのか不安があります。何度も復習をしたいと思いました。

続きを読む 0 コメント

過去のおしらせ

2月6日 CVPPP
>> 続きを読む

平成29年度 一般入学試験合格者発表
>> 続きを読む

12月8日 クリスマスコンサート
>> 続きを読む