在校生からのメッセージ

1年生

1年生のメッセージ

  私は、医療従事者としての海外ボランティア活動に興味を持ったことがきっかけで看護の道を選びました。本校は、実習先の病院との連携が強く実習の体制が整っていると聞いて入学を決めました。

 講義は専門的な科目が多くまだ慣れない面もありますが、臨床経験豊かな先生方や大学、病院の講師が丁寧に教えてくださるので、しっかりと身につけることができると思います。また、本校は、同じ敷地内の三重中央医療センターで年に2回のコンサートや七夕飾りなどの催しを開催させていただいています。実習とは違った形で患者さんと交流を図る場が設けられており、貴重な体験ができると思います。

 私は、隣接する学生宿舎で生活をしています。集団生活のルールを守りながら、毎日たくさんの仲間と一緒に学び・遊びながらとても楽しい生活を送っています。

  これから講義だけでなく、技術練習も増えてきて大変だと思いますが、同じ志をもつ仲間と一緒に頑張りたいです。皆さんも本校で私たちと一緒に看護師への階段をのぼりませんか。

 

 

2年生

2年生のメッセージ

  私は幼い頃から人を助ける仕事に就きたいと考えていて、その中でもより人と密接に関わることのできる看護師という職業に興味を持ち、この道に進むことを決めました。

 入学当初は高校までの授業とは異なる専門的な講義や技術演習に戸惑うこともありました。しかし、先生や講師の方々はわかりやすく丁寧に私が理解できるまで教えて下さいます。  

  1年生では、初めて基礎看護学実習で患者さんのもとへ行き、患者さんとコミュニケーションをとり情報収集を行い、患者さんに合った援助を考えるなど、学校での講義や演習だけでは体験できないものを経験することができました。学校とは違う現場の空気に圧倒され、改めて看護の難しさと白衣を着ることによる責任の重さを実感しました。それと同時にますます看護師という職業に興味が沸き看護についての知識・技術をもっと深め、早く現場で働いている看護師さんのようになりたいと思いました。

  学校生活では男女関係なく仲が良く、特に男子は人数が少ない分結束力が強く学年を超えて交流があり毎日楽しく過ごしています。

 皆さんも私たちと一緒に同じ夢に向かって歩んでいきませんか?

 

 

3年生

3年生のメッセージ

  私には今も現役で看護師として働いている祖母がいます。その祖母の姿にあこがれ、私も看護の道に進もうと決めました。

  看護は小児から高齢者まで幅広い方を対象とします。二年生での老年看護学実習では、手術後の患者さまを受け持たせていただきました。以前の生活を知り、患者さまの出来ることに目を向け支援することの大切さを学びました。また、患者さまに寄り添い、再び歩行できるようになった喜びを共有することができ、祖母が言っていた看護の仕事のやりがいや素晴らしさが私にもわかるようになってきました。

  壁にぶつかることもありますが、一緒になって考えてくれる仲間や、一人ひとりをしっかりとみて指導してくれる先生方がみえるので大変心強いです。

 また、実習のほとんどは母体病院である三重中央医療センターで行う事ができます。診療科も多く、様々な特徴を持った病棟で学ぶことができ、指導者の方からは個々の学生に応じた指導を受けることができます。

  三年生では5月から本格的な実習が始まります。1つでも多くのことを学び、成長できるように仲間と取り組んでいこうと思います。皆さんも私たちとともに看護の道へ進んでみませんか。