学生フォーラムに参加しました



7月20日、東海北陸グループの学生が一堂に集まる『NHO学生フォーラム』に参加しました。
その中で行われた学校紹介では、本校の特色である手話部を中心とした、2年生全員による「365日の紙飛行機」の歌に合わせた手話を披露しました。その後、他校の学生と昼食をとりながら交流を行い、情報交換をして楽しい時間を過ごすことができました。
看護実践事例紹介では、実際に現場で行われている医療や看護を、病院職員の方から直接聞くことができました。積極的な質疑応答が行われ、学びを深めることができました。また、国立病院機構が担う医療や看護を再確認し、自分の将来を考える機会とすることができました。

2年生 学生代表

7月10日 園芸部の活動


5月に植え替えを行った花が、たくさんの光を浴びて見頃を迎えています。看護学校正面入り口と、病院の救急外来入り口付近に飾つています。小規模ではありますが、色とりどりの花々が風に揺られている様子は華やかに感じます。
7月に入り汗ばむ季節になりましたが、新入生の活躍によって花が枯れることなく、生き生きとしています。今が一番見頃だと思いますので、ぜひ足を止めてご覧になってください。

園芸部 部長

6月14・15日 病棟の環境見学を行いました

4月から看護の勉強を始めましたが、どの科目でも安全・安楽・自立という言葉が頻繁に出てきます。今回、病棟へ環境見学に行ったところ、トイレ・清拭室などあらゆる所に手すりが付いていました。それは患者様が転倒・転落をしないように、また自立できるように付いていることが分かりました。実際にベッドとベッドの間隔を見て、狭さと感じました。看護師と患者様との会話も隣の患者様に聞こえていると思います。看護師は話をしながらも、患者様のプライバシーを守る配慮が必要だと思いました。
今回の見学を通して、看護師は常に患者様が快適に入院生活を送れるよう援助していることが分かりました。実習・演習を行うときも、そのことに配慮しながら援助していかなければならないと思いました。

1年生 実習対策委員

心和むコンサートにボランティアで参加しました

6月4日 三重中央医療センターで開催された「心和むコンサート」にて、患者さんの車いす移送のボランティアに参加しました。多くの方が参加され、にぎやかな雰囲気であっという間の2時間でした。
最も印象に残ったことは、アンコールで演奏された「ふるさと」を患者さんの側で一緒に歌ったことです。患者さんと一緒に声を合わせたことが、心地よく感じ心が和む時間になりました。患者さんも同じ気持ちでいてくださったのならとてもうれしく思います。

参加者代表

5月9日 3年生領域別実習開始

5月に入り、私たち3年生は、領域別実習が始まりました。現在、成人期、小児、母性、精神、在宅などの計8領域の看護について学んでいます。領域ごとの特徴や患者様の個別性をつかみ看護を行うことはとても難しいですが、患者様との関わり、学生同士での情報共有、先生や指導者からの指導を大切にして、知識を深め技術を磨いていきたいです。

3年生 クラス長

4月20日(木)防災訓練

防災訓練では、消防署の皆さんから消火器、消火栓の使用方法を教えていただき、防火防犯委員として、消火器を用いて初期消火を行い、焦らず行動することの大切さを学びました。今後は自分たちが主体となって患者様を避難誘導できるよう、今回の訓練を活かしていきたいです。

1年生防火防犯委員

4月7日 入学式

4月7日(金)、私達80名は入学しました。
看護師という夢への第一歩を踏み出すことができ、新たな学友とともに切磋琢磨しながら過ごすこれからの3年間への希望で胸を膨らませています。多くの悩みを持つ患者様と心身ともにじっくり向き合うことのできる看護師を目指し、知識や技術だけでなく人間関係やマナーといった態度についても学んでいきたいと思います。

22期生 代表